タイミング

  1. ホーム
  2. タイミング

タイミング治療について

初めに、タイミング療法とは

基礎体温測定や頚管粘液検査、経腟超音波検査などにより排卵日を予測し、適切な性交のタイミング指導を行うことです。当院では主に、これらの検査と合わせ排卵を促す注射をし、性交指導を行っております。

治療の方法

①自然周期のタイミング法
自然周期では卵胞から卵子が1個排卵します。(複数個の場合もあります)
月経の7日目から10日目で超音波検査にて卵胞の大きさ(卵胞径)を計測します。
また頸管粘液量と子宮内膜厚を併せて確認をし、卵胞の大きさが16㎜程度になったら『きりかえ注射』(hCG:排卵させるためのホルモン剤)の注射をします。
注射をすると36時間後に排卵がおこるため、その前後に夫婦生活(タイミング)をとっていただきます。
タイミングをとっていただいた当日または翌日に診察に来院していただきヒューナーテストをします。

下記の表は左右にスクロールできます。

自然周期のタイミング法

②刺激周期のタイミング法
刺激周期では、卵胞の個数を増やすために卵巣を刺激する注射をします。
月経3日目から排卵誘発剤(HMG)を注射します。
卵胞が十分な大きさになるまでは毎日注射と、2~3日おきの診察をして超音波検査にて卵胞の大きさを計測し、卵胞の大きさが16㎜程度になったら『きりかえ注射』(hCG:排卵させるためのホルモン剤)の注射をします。
注射をすると36時間後に排卵がおこるため、その前後に夫婦生活(タイミング)をとっていただきます。
タイミングをとっていただいた当日または翌日に診察に来院していただきヒューナーテストをします。

下記の表は左右にスクロールできます。

刺激周期のタイミング法

PAGE TOP