IVF-ET

  1. ホーム
  2. IVF-ET

体外受精-胚移植法(IVF-ET)とは

体外受精-胚移植法(IVF-ET)とは

体外受精-胚移植法(IVF-ET:In Vitro Fertilization-Embryo Transfer)とは、排卵前の卵子を卵巣から採取し、体外で精子と受精させて子宮に戻す方法です。本来は、体内の卵管で起こるはずの受精という現象が、体外で起こるため、「体外受精」といわれます。通常以下のような治療段階で成り立っています。

(1) 卵巣刺激
受精可能な卵子を多数採取するための注射や内服による卵巣刺激(刺激しない場合もあり)。
(2) 採卵
排卵直前の卵子を卵巣内から採取。
(3) 媒精
培養液を入れた容器中の卵子の周りに精子をふりかけ、受精させる。
(4) 胚移植
受精させて分割した胚(受精卵)を子宮内にもどす。

治療の具体的な流れ

(1) 説明会の出席

医師との話し合いの後、体外受精-胚移植法(顕微授精-胚移植法を含む)の治療をお考えの患者様は、「体外受精説明会」へ必ず出席してください。説明会にて治療や提出していただく同意書について詳しい説明を行ないます。

(2) 同意書と戸籍謄本の提出

説明会出席後、ご夫婦で治療の意志が決まりましたら、スタッフがお渡しするそれぞれの同意書にもれなく記入し、必ず、治療周期の初日までに提出してください。
また、治療は戸籍上の夫婦であることが前提です。同意書には、必ず、ご夫婦それぞれの自署記名と、「戸籍抄本」の提出もお願いします。戸籍は「謄本」でも構いませんが、婚姻関係の証明が出来れば「抄本」でも問題ありません。

(3) 治療前の検査

治療を始めるにあたり、ご夫婦それぞれに各種検査が必要です。検査は結果がでるまでに日数がかかるものもあります。
どの検査を、いつまでに受けなければならないかを、スタッフに確認後、事前に予約の上、来院してください。

下記の表は左右にスクロールできます。

治療前に必要な検査
検査 予約方法 女性 男性
術前検査
  • 同時に診察がある場合は「診察」予約  
  • 検査のみや注射と同時の場合は「注射」予約 
  • ただし、男性で精液検査の予約を入れている場合は、「注射」予約は不要
4ヶ月に1回必要 (★手術の方のみ4ヶ月に1回必要)
感染症採血検査 1年に1回必要 1年に1回必要
心電図検査 1年に1回必要 (★手術の方のみ1年に1回必要)
精液検査
  • スタッフに直接予約

(同時に他の検査を受ける場合の「注射」予約は不要)

適宜

「自然周期」と「刺激周期」

Q.体外受精には、「自然周期」と「刺激周期」があると聞きましたが…。どう違うの?

女性は通常、月に1回、1個排卵します。体外受精の「採卵」は、排卵直前の卵子を卵巣から取り出します。
「自然周期」の採卵では、毎月1個の自然に育つ卵子を採取します。(ただし、複数個採卵できる場合もあります。
一方、「刺激周期」の採卵では、注射や内服で卵巣刺激を行い、複数の卵子を育てて採卵を行います。複数の卵子を採取することで、複数の受精卵が得られる可能性が高まり、胚移植や凍結保存ができる可能性も高く、結果的に、採卵あたりの妊娠率は自然周期と比べて高いといえます。ただし、刺激に関する体への負担や通院回数も多く、費用もより多く必要となります。
どちらで治療を行うかは、これまでの治療歴、体の状態や患者様のご希望等をもとに、医師とご相談の上、決定していきます。

下記の表は左右にスクロールできます。

自然周期と刺激周期の比較
自然周期 刺激周期
注射や内服による刺激 しない(※1) する
予想される採卵個数 原則1個 (0個や数個の場合もあり) 複数個 (0~1個の場合もあり)
通院回数 刺激周期より少ない 自然周期より多い
刺激に関する体への負担 なし あり(「卵巣過剰刺激症候群」など)
費用 刺激に関する費用は不要(※1) 刺激に関する費用が必要
採卵あたりの妊娠率 刺激周期より低い 自然周期より高い
次周期の治療 可能(状態により休みの場合もあり) 連続して刺激周期の治療は不可
(原則、次周期は自然周期または休み)
当院で行う主な方法
  • 完全自然周期法
  • 自然周期+アンタゴニスト法
  • HMG+アンタゴニスト法
  • クロミフェン+HMG+アンタゴニスト法

※1「自然周期+アンタゴニスト法」では、卵胞発育の停滞を防ぐ目的で、ホルモン剤の1種であるHCG注射を少量使用することがあります。

当院で採用している自然周期の方法

Q.自然周期にもいくつか方法があるの?

当院では主に、「完全自然周期法」と「自然周期+アンタゴニスト法」を採用しています。
2つの違いは、排卵を抑えるための、「アンタゴニスト注射」を使用するか、しないかの違いのみです(ただし、卵胞発育の停滞を防ぐ目的で、ホルモン剤の1種であるHCG注射を少量使用することがあります。)。
採卵は、排卵直前の卵子を採取しますが、ひとたび排卵してしまうと、その周期の採卵は行うことができません。「自然周期+アンタゴニスト法」では、採卵前の排卵を防ぐために、アンタゴニスト注射を使用します。
一方、「完全自然周期法」では、より自然に近い方法で、アンタゴニスト注射を使用せず行います。最低限の薬剤使用で体への負担が少ない一方で、排卵による採卵中止を防ぐため、通常は、アンタゴニスト注射を使用した場合より、やや早めに採卵を迎えることになり、胚移植までに内膜が厚くならずに、移植ができないこともあります(この場合、全ての胚を凍結保存します)。
同じ、自然周期でも、どちらの方法で治療を行うかは、これまでの治療歴、体の状態などをもとに決定していきます。

Q.自然周期は刺激をしないのに、2個以上採卵できることもあるの?

排卵前の卵子は「卵胞」という袋にひとつひとつ包まれています。女性の体では、通常、月経周期毎に、卵巣内に20個前後の「卵胞」が準備されます。その中で、排卵できる卵胞は月に1個と決められていて、1番先にFSH(卵胞を育てるホルモン)に反応し、成熟した卵胞から1個の卵子が排出されます。この1番先に反応した「卵胞」を「主席卵胞」といいます。
自然周期の採卵では、通常、この主席卵胞から卵子を採取するため、1度の採卵で採取できる卵子は、原則1個となりますが、卵巣内にある主席卵胞以外の卵胞からも卵子を採取することで、複数個卵子を採取することが可能な場合もあります。
「主席」という名前から、「主席卵胞から採取した卵子の方が良質で、それ以外の卵胞から採取した卵子の質が悪い」というイメージがわくかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。
なお、患者様により、複数の卵子を採取できない場合や、採取できても受精できない場合もあります。

「完全自然周期法」

  • 月経が始まった7日目~10日目に受診して頂き、経腟超音波で卵胞の大きさを確認します。
  • 卵胞の大きさにより、次回の診察日程を医師が決定します。
  • 卵胞の大きさが16㎜程度になったら、排卵させるための「オビドレル注射」と、同じく排卵を促す目的で「アゴニスト点鼻薬(医薬品名:スプレキュア)」を使用します。
  • 「オビドレル注射」は、「遺伝子組換えヒト絨毛性性腺刺激ホルモン製剤(Choriogonadotropin Alfa)」と呼ばれる、ホルモン剤の1種です。卵巣に働きかけることで、通常、注射後の36時間後に排卵が起こると言われています。採卵は排卵直前の新鮮な卵子を採取するため、採卵日の前々日の夜10時頃に自己注射をしていただきます。
  • 「オビドレル注射」当日の採血検査で、LH(排卵を促すホルモン)値が高く、排卵が近いと判断される場合には、排卵をおさえる目的で、「坐薬(医薬品名:ボルタレン坐薬25mg)」を使用します。
    坐薬の処方は検査当日に行いますが、検査結果は翌日に出ますので、「HCG注射」翌日の午前11:30に、当院へお電話をお願いしております。
    電話にて、検査結果と「ボルタレン坐薬25mg」使用の有無を確認して下さい。使用する場合は正午から6時間毎に、肛門内に3回使用します(①正午②午後6時③午前0時又は就寝前)。使用しない場合、坐薬は次周期も使用可能なため、冷蔵保存をして下さい。
なお、喘息のある方はボルタレン坐薬は使用できません。

下記の表は左右にスクロールできます。

自然周期「完全自然周期法」のスケジュール例
完全自然周期法スケジュール例

  • 「経膣超音波検査(エコー)による卵胞の確認」…採卵翌日の診察では、排卵後の卵巣の状態などを診察。必要に応じて採血も実施。

  • 「卵胞の発育状態に応じて診察の可能性あり」

  • 「オビドレル注射」…排卵をうながす注射。卵胞の大きさが16㎜程度で、1回だけ使用。通常、注射後36時間後に排卵が起こる。夜10時頃来院の必要あり。

  • 「アゴニスト点鼻薬」…排卵をうながす目的で使用する点鼻薬。

  • 「ボルタレン坐薬」…排卵を抑える目的で使用する坐薬。前日のLH(排卵をうながすホルモン)値が高い場合使用。午前11:30に当院へTEL確認後、正午より6時間毎に3回使用。

  • 「胚または胚盤胞の移植は排卵から2~5日後に実施」

  • 「内服+注射または膣坐薬により黄体ホルモン(プロゲステロン)補充」…来院可能か否で、注射または膣坐薬を選択。

  • 「妊娠後の黄体ホルモン補充の継続」…妊娠判定陽性の場合は継続

「自然周期+アンタゴニスト法」

  • 月経が始まった7日目~10日目に受診して頂き、経腟超音波で卵胞の大きさを確認します。
  • 卵胞の大きさにより、次回の診察日程を医師が決定します。
  • 卵胞の大きさが14㎜程度になったら、「アンタゴニスト注射(医薬品名:セトロタイド) 」を開始します。これにより、採卵前の排卵を防ぐことができます(使用していても、まれに排卵し採卵ができないことがあります)。また、同時に、ホルモン剤の1種であるHCG注射を少量使用する場合があります。HCG注射は排卵を促す目的でも使用しますが(2項目次の5.で説明します)、ここでは、卵胞発育の停滞を防ぐ目的で使用します。
  • 卵胞の大きさが16㎜程度になったら、「アンタゴニスト注射(医薬品名:セトロタイド) 」を中止し、排卵させるための「オビドレル注射」と、同じく排卵を促す目的で「アゴニスト点鼻薬(医薬品名:スプレキュア) 」を使用します。なお、「オビドレル注射」当日も「アンタゴニスト注射(医薬品名:セトロタイド) 」を使用することがあります。
  • 「オビドレル注射」は、「遺伝子組換えヒト絨毛性性腺刺激ホルモン製剤(Choriogonadotropin Alfa)」と呼ばれる、ホルモン剤の1種です。卵巣に働きかけることで、通常、注射後の36時間後に排卵が起こると言われています。採卵は排卵直前の新鮮な卵子を採取するため、採卵日の前々日の夜10時頃に自己注射をしていただきます。
  • 「オビドレル注射」当日の採血検査で、LH(排卵を促すホルモン)値が高く、排卵が近いと判断される場合には、排卵をおさえる目的で、「坐薬(医薬品名:ボルタレン坐薬25mg) 」を使用します。
    坐薬の処方は検査当日に行いますが、検査結果は翌日に出ますので、「オビドレル注射 」翌日の午前11:30に、当院へお電話をお願いしております。
    電話にて、検査結果と「ボルタレン坐薬25mg 」使用の有無を確認して下さい。使用する場合は正午から6時間毎に、肛門内に3回使用します(①正午②午後6時③午前0時又は就寝前)。使用しない場合、坐薬は次周期も使用可能なため、冷蔵保存をして下さい。
なお、喘息のある方はボルタレン坐薬は使用できません。

下記の表は左右にスクロールできます。

自然周期「自然周期+アンタゴニスト法」のスケジュール例
自然周期+アンタゴニスト法スケジュール例

  • 「経膣超音波検査(エコー)による卵胞の確認」…採卵翌日の診察では、排卵後の卵巣の状態などを診察。必要に応じて採血も実施

  • 「卵胞の発育状態に応じて診察の可能性あり」

  • 「アンダゴニスト(セトロタイド)注射」…排卵を抑えるための注射。卵胞の大きさが14㎜程度で使用開始。卵胞発育の停滞予防のため、HCG注射を使用する。

  • 「オビドレル注射」…排卵をうながす注射。卵胞の大きさが16㎜程度で、1回だけ使用。通常、注射後36時間後に排卵が起こる。夜10時頃来院の必要あり。

  • 「アゴニスト点鼻薬」…排卵をうながす目的で使用する点鼻薬。

  • 「ボルタレン坐薬」…排卵を抑える目的で使用する坐薬。前日のLH(排卵をうながすホルモン)値が高い場合使用。午前11:30に当院へTEL確認後、正午より6時間毎に3回使用。

  • 「胚または胚盤胞の移植は排卵から2~5日後に実施」

  • 「内服+注射または膣坐薬により黄体ホルモン(プロゲステロン)補充」…来院可能か否で、注射または膣坐薬を選択。

  • 「妊娠後の黄体ホルモン補充の継続」…妊娠判定陽性の場合は継続

刺激周期 当院で採用している刺激周期の方法と使用する薬剤

Q.刺激周期にもいくつか方法があるの?

刺激周期は、注射や内服によって、卵巣を刺激し、多数の卵胞の発育を促し、採卵可能な卵子の数を増やす方法です。当院では、注射を使用する「HMG+アンタゴニスト法」と、より低刺激な、内服薬と注射を併用する、「クロミフェン+HMG+アンタゴニスト法」を主に採用しております。

Q.注射や内服薬はどのような薬剤を使用するの?

卵巣刺激に使用する薬剤は、主に、注射薬で卵胞を育てるホルモン「FSH」を直接投与し卵巣を刺激する方法と、内服薬で間接的にFSHの分泌を促進して卵胞を育てる方法があります。
どの薬剤を使用して卵巣を刺激していくかは、これまでの治療歴や体の状態に合わせて選択していきます。

下記の表は左右にスクロールできます。

当院での治療名称 作用
機序
薬の種類 当院で使用している
医薬品名
内容 副作用や考慮すべき点
クロミフェン

HMG
+
アンタゴ二スト法
間接的にFSHの分泌を促進して、卵胞を育てる クロミフェン
(内服薬)
クロミッド錠 弱いエストロゲン作用を持つ薬。
エストロゲン受容体と結合して脳に働きかけ、視床下部からGn-RH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)が放出されます。
その後、下垂体からFSH(卵胞を育てるホルモン)とLH(排卵を促すホルモン)が放出され、結果として、排卵を促すようになります。
多胎妊娠
卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
詳細は治療のリスクを参照
子宮の内膜が薄くなるため、胚移植できないことが多い(その場合は凍結保存になる)。
シクロニフェル
(内服薬)
セキソビット 非常に弱いエストロゲン作用を持つ薬。
作用機序はクロミフェンと同じだが、クロミフェンよりエストロゲン作用が弱く、クロミフェンに見られるような、子宮内膜が薄くなるなどの副作用はなく、多胎妊娠が起こることも、非常にまれ。
卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
詳細は治療のリスクを参照
レトロゾール
(内服薬)
レトロゾール
アナストロゾール
もともとは閉経後乳癌の治療薬として使用されている。
テストステロン(男性ホルモン)をエストロゲン(女性ホルモン)に変換するアロマターゼという酵素を阻害することで、結果的にエストロゲン量を減らします。エストロゲン量が減ると、ネガティブフィードバックによって下垂体から「FSH(卵胞を育てるホルモン)」と「LH(排卵を促すホルモン)」が分泌され、排卵を促すようになります。
海外では不妊治療薬として、使用されているが、日本では不妊治療薬としての使用は、認められていない。
HMG

アンタゴ二スト法
卵巣を刺激し卵胞を育てる HMG製剤
(注射)
HMGフジ
hmgフェリング
「ヒト閉経ゴナドトロピン(human menopausal gonadoropin)という性腺刺激ホルモンの一種と同じ作用をもつホルモン剤。
FSH値の高い閉経後の女性の尿から作られる。
「FSH(卵胞を育てるホルモン)」と「LH(排卵を促すホルモン)」が入っている。
多胎妊娠
卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
詳細は治療のリスクを参照
FSH製剤
(注射)
フォリルモン(尿由来)
ゴナールエフ(リコンビナント)
「LH(排卵を促すホルモン)」を含まず、「FSH(卵胞を育てるホルモン)」のみが入っているホルモン剤。
FSH値の高い閉経後の女性の尿から作られるものと、より純度の高い遺伝子組み換え技術を用いたものがある(リコンビナントFSH製剤)。

治療の説明は、薬剤の使用方法が同じため、「HMG+アンタゴニスト法」は、HMG製剤だけでなくFSH製剤を使用する場合も含み、「クロミフェン+HMG+アンタゴニスト法」は、クロミフェンだけでなく、シクロニフェルとレトロゾールを使用する場合も含みます。

「HMG+アンタゴニスト法」

  • 月経2~3日目から、「HMG注射またはFSH注射」を開始し、数日ごとの経腟超音波による診察で、卵胞の個数、大きさと子宮内膜の厚さを測定します。卵胞が十分に発育するまで、注射は毎日継続します。
  • 卵胞の大きさが14㎜程度になったら、「アンタゴニスト注射(医薬品名:セトロタイド)」を開始します。これにより、採卵前の排卵を防ぐことができます(使用していても、まれに排卵し採卵ができないことがあります)。
  • 卵胞の大きさが16㎜程度になったら、「HMGまたはFSH注射」と「アンタゴニスト注射」を中止して、排卵させるための「オビドレル注射」と、同じく排卵を促す目的で「アゴニスト点鼻薬(医薬品名:スプレキュア)」を使用します。
  • 「オビドレル注射」は、「遺伝子組換えヒト絨毛性性腺刺激ホルモン製剤(Choriogonadotropin Alfa)」と呼ばれる、ホルモン剤の1種です。卵巣に働きかけることで、通常、注射後の36時間後に排卵が起こると言われています。採卵は排卵直前の新鮮な卵子を採取するため、採卵日の前々日の夜10時頃に自己注射をしていただきます。

下記の表は左右にスクロールできます。

刺激周期採卵「HMG+アンタゴニスト法」のスケジュール例
刺激周期採卵「HMG+アンタゴニスト法」のスケジュール例

  • 「経膣超音波検査(エコー)による卵胞の確認」…採卵翌日の診察では、排卵後の卵巣の状態などを診察。

  • 「卵胞の発育状態に応じて診察の可能性あり」

  • 「HMG注射またはFSH注射」…卵巣を刺激し卵胞を成熟させる注射。

  • 「アンダゴニスト(セトロタイド)注射」…排卵を抑えるための注射。卵胞の大きさが14㎜程度で使用開始。

  • 「オビドレル注射」…排卵をうながす注射。卵胞の大きさが16㎜程度で、1回だけ使用。通常、注射後36時間後に排卵が起こる。夜10時頃来院の必要あり。

  • 「アゴニスト点鼻薬」…排卵をうながす目的で使用する点鼻薬。

  • 「胚または胚盤胞の移植は排卵から2~5日後に実施」

  • 「内服+注射または膣坐薬により黄体ホルモン(プロゲステロン)補充」…来院可能か否で、注射または膣坐薬を選択。

  • 「妊娠後の黄体ホルモン補充の継続」…妊娠判定陽性の場合は継続

「HCG注射 」は、「HMGまたはFSH注射 」から、切り替えて打つ注射のため、「きりかえ注射」と呼ばれることもあります。

「クロミフェン+HMG+アンタゴニスト法」

  • 「HMG+アンタゴニスト法」より低刺激な方法です。
  • 月経2日目より「内服薬」を服用し、月経6日目に受診し、「HMGまたはFSH注射」が開始になります。
  • 「HMG注射またはFSH注射」を開始後は、数日ごとの経腟超音波による診察で、卵胞の個数、大きさと子宮内膜の厚さを測定します。卵胞が十分に発育するまで、注射は毎日または1日置きに継続します。
  • 卵胞の大きさが14㎜程度になったら、「アンタゴニスト注射(医薬品名:セトロタイド)」を開始します。これにより、採卵前の排卵を防ぐことができます(使用していても、まれに排卵し採卵ができないことがあります)。
  • 卵胞の大きさが16㎜程度になったら、「HMGまたはFSH注射」と「アンタゴニスト注射」を中止して、排卵させるための「オビドレル注射」と、同じく排卵を促す目的で「アゴニスト点鼻薬(医薬品名:スプレキュア)」を使用します。「内服薬」の飲み終わりの時期は、薬の種類により、異なります。必ず医師の指示に通り服用して下さい。
  • 「オビドレル注射」は、「遺伝子組換えヒト絨毛性性腺刺激ホルモン製剤(Choriogonadotropin Alfa)」と呼ばれる、ホルモン剤の1種です。卵巣に働きかけることで、通常、注射後の36時間後に排卵が起こると言われています。採卵は排卵直前の新鮮な卵子を採取するため、採卵日の前々日の夜10時頃に自己注射をしていただきます。

下記の表は左右にスクロールできます。

刺激周期採卵「クロミフェン+HMG+アンタゴニスト法」のスケジュール例
刺激周期採卵「クロミフェン+HMG+アンタゴニスト法」のスケジュール例

  • 「経膣超音波検査(エコー)による卵胞の確認」…採卵翌日の診察では、排卵後の卵巣の状態などを診察。

  • 「卵胞の発育状態に応じて診察の可能性あり」

  • 「内服薬」…飲み終わりの時期は薬の種類により異なるため、医師の指示通りに服用。

  • 「HMG注射またはFSH注射」…卵巣を刺激し卵胞を成熟させる注射。

  • 「アンダゴニスト(セトロタイド)注射」…排卵を抑えるための注射。卵胞の大きさが14㎜程度で使用開始。

  • 「オビドレル注射」…排卵をうながす注射。卵胞の大きさが16㎜程度で、1回だけ使用。通常、注射後36時間後に排卵が起こる。夜10時頃来院の必要あり。

  • 「アゴニスト点鼻薬」…排卵をうながす目的で使用する点鼻薬。

  • 「胚または胚盤胞の移植は排卵から2~5日後に実施」

  • 「内服+注射または膣坐薬により黄体ホルモン(プロゲステロン)補充」…来院可能か否で、注射または膣坐薬を選択。

  • 「妊娠後の黄体ホルモン補充の継続」…妊娠判定陽性の場合は継続

PAGE TOP