AIH

  1. ホーム
  2. AIH

人工授精(AIH)について

人工授精(AIH)とは

人工授精(AIH)とは

精子と卵子とが出会うための複雑な経路を人工的に短縮し、受精の機会を改善する方法です。
採取した精液をカテーテルという細い管を使用して子宮内に直接注入し精子と卵子が受精しやすい方法をとる治療法です。精子は遠心分離で選別した精子を注入します。

治療の方法

①自然周期の人工授精
自然周期では卵胞から卵子が1個排卵します。(複数個の場合もあります)
月経の7日目から10日目で超音波検査にて卵胞の大きさ(卵胞径)を計測します。
卵胞の発育が確認されたらホルモン値(E2)の採血をします。
また頸管粘液量と子宮内膜厚を併せて確認し、卵胞の大きさが16㎜程度になったらきりかえ注射(オビドレル:排卵させるためのホルモン剤)と点鼻薬(スプレキュア)できりかえます。指定された時間に自己注射をお願いしております。
注射をすると36時間後に排卵がおこるため、翌々日が人工授精になります。

下記の表は左右にスクロールできます。

自然周期の人工授精

②刺激周期の人工授精
刺激周期では、卵胞の個数を増やすために卵巣を刺激する方法をとります。
月経2~3日目から排卵誘発剤(HMG)を注射します。
(刺激によって生じる影響につきましては治療のリスクをお読み下さい)
卵胞が十分な大きさになるまでは毎日の注射と、2~3日おきの診察をして超音波検査にて卵胞の大きさを計測し、卵胞の大きさが16mm程度になったら切り替え注射(オビドレル:排卵させるためのホルモン剤)と点鼻薬(スプレキュア)できりかえます。指定された時間に自己注射をお願いしています。
注射をすると36時間後に排卵がおこるため、翌々日が人工授精になります。

下記の表は左右にスクロールできます。

刺激周期の人工授精

PAGE TOP