不妊症検査

  1. ホーム
  2. 不妊症検査

不妊症検査

不妊症の原因を見つけるため、当院で行なっている検査は主に、以下のようなものがあります。検査は初診時に必ず受けて頂くものや、生理周期にあわせておこなうものなどがあります。

検査 内容
血液の検査 アンチミュラー管ホルモン検査
  • 卵巣内にどれくらいの卵があるか(卵巣予備能)を調べます
抗精子抗体検査
  • 身体に入ってきた精子を殺してしまうような抗体が血液中にできていないかを調べます
自己抗体検査
抗DNA抗体検査
  • 不妊症・不育症につながるような自己抗体が血液中にできていないかを調べます
ホルモン検査 <女性>

  • ホルモン分泌は正常か、また排卵や着床の妨げになるホルモン異常がないかを調べます
  • ホルモンの種類によっては月経周期の間に何回か採血することがあります

<男性>

  • 精子をうまくつくる妨げになるホルモン異常がないかを調べます
クラミジア検査
(性感染症検査)
  • クラミジアトラコマティスという病原体に感染している(感染していた)かを調べます
  • 感染していても自覚症状が乏しく、頸管卵管閉塞等を引き起こして不妊の原因となったり、子宮外妊娠、流産を引き起こしたりする可能性があります
  • 検査を行うことにより、感染が広がる前に早期に治療をすることができ、パートナーと共に薬を服用すればほぼ完全に治すことができます
TRH検査
  • 高プロラクチン血症、潜在性高プロラクチン血症かどうかを調べます
  • プロラクチン値が高値であれば無月経や月経不順、黄体機能不全の原因を知ることができます
排卵の検査 基礎体温測定
  • 排卵の有無や月経周期、黄体機能不全の有無、不正出血の原因などを調べます
  • 外気温などの環境に左右されやすい面もありますが、家庭である程度の目安で排卵日の予測ができます
頸管粘液検査
  • 粘液の量や粘り気から排卵が近いか確認します
  • 超音波検査などに比べると信頼度は落ちますが、すぐにできて痛みもありません
  • おおよその排卵日がわかり、妊娠にふさわしい性交日を決めるのに役立ちます
子宮卵管造影検査
  • 子宮口から造影剤を流し入れ、子宮腔や卵管の形態、卵管の通過性を調べます
  • 造影剤が卵管内を洗浄し軽度な癒着が剥がされ、卵管内の絨毛が刺激されることなどにより一般不妊治療に関しては検査後2?3ケ月位は妊娠しやすくなるといわれています
  • 痛みを伴うことがあり、卵管采の卵補捉や卵管の移送の様子を判断することはできません
通水検査
  • 子宮腔や卵管を洗浄し、卵管が詰まっていないかどうかを調べます。
  • 検査後2?3ケ月は卵管の通過性が良くなり、子宮内の炎症が改善され、着床率が良くなるといわれています
  • 検査自体は短時間でできますが痛みがあったり、検査後に少量の出血があったりする場合があります
着床環境の検査 経腟超音波検査
  • 子宮筋腫や卵巣嚢腫などを診断し、卵巣内の卵胞の発育程度、子宮内膜の厚さを調べます
  • 子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、多嚢胞性卵胞、卵巣嚢腫なども発見できます
  • 検査の痛みはほとんどありませんが、腹腔内の病変や卵管の状態、卵巣と卵管の位置関係などは分かりません
子宮鏡検査
  • 子宮筋腫や子宮内膜ポリープなど不妊の原因となる病気を調べます
  • 検査自体は比較的短時間ででき、痛みもあまりありません
精子の検査 精液検査
  • 精液の量、精子濃度、精子の数、運動率、奇形率などを調べます
  • 精子の数や運動性について客観的に評価することができますが、精子の受精能などは観察できません
  • 採取法や禁欲期間、疲労の程度、移送法により検査結果が異なる場合があります
ヒューナーテスト
  • 性交後、子宮頸管粘液を採取し精子の数と動きを確認することでタイミングを正確にとれたかを調べます
  • 検査の痛みはほとんどなく、精子と頸管粘液との相互関係を見ることができます

不育症検査

[不育症とは]
不育症とは、妊娠しても流産や早産または死産を繰り返し、元気な赤ちゃんを得られない状態をいいます。不育症の大部分を占めるのが習慣(性)流産で、3回以上流産を繰り返すことをいいます。また、2回連続して流産する場合を反復流産といいます。
検査 内容
血液の検査 抗核抗体検査
抗DNA抗体検査
自分の身体の組織(胎児)を攻撃してしまう自己抗体があるかを調べます
抗リン脂質抗体検査 胎児へ流れる血流が悪くなる抗体があるかを調べます
NK(ナチュラルキラー細胞)活性検査 胎児の遺伝子のうち半分は父親由来(母親からすると異物)であるため、これを異物として排除してしまうNK細胞があるかを調べます
プロテインC活性検査
プロテインS活性検査
第ⅩⅡ因子凝固活性検査
ATPP(活性化部分トロンボプラスチン時間)検査
凝固異常(血栓ができやすくなり、胎児へ流れる血流が悪くなる)があるかを調べます
プロゲステロン(黄体ホルモン)検査 黄体ホルモンの分泌不足による黄体機能不全があるかを調べます
プロラクチン検査
TRH検査
プロラクチンの分泌異常があるかを調べます
甲状腺ホルモン検査 甲状腺機能異常の影響で卵巣機能が低下することによるホルモン異常があるかを調べます
染色体検査分染法(夫婦) 夫婦の双方、またはどちらかに染色体異常があるかを調べます
組織の検査 (流産した胎児の)絨毛組織検査
※流産手術時の絨毛組織にて行う
胎児に染色体異常があったかを調べます
その他の検査 内診検査
経腟超音波検査
子宮鏡検査
子宮卵管造影検査
子宮筋腫・子宮奇形などにより着床環境が悪い状態にあるかを調べます
PAGE TOP