料金案内・助成金について

  1. ホーム
  2. 料金案内・助成金について

料金案内

初診料・再診料

下記の表は左右にスクロールできます。

項目 料金
(保険診療)
料金
(自費診療)
備考
初診料 850円 1,400円 初診時に保険算定の無い場合は自費の初診料をいただきます。
また、これ以後初めての保険算定時には保険の初診料をいただきます。
再診料 390円 430円
再診料(男性処置日) 1,400円 採卵、人工授精時の男性の再診料(精子処理代等含む)

初診料・再診料

血液検査

下記の表は左右にスクロールできます。

項目 料金
(保険診療)
料金
(自費診療)
備考
E2 約900円 約3,900円 採血手技料、検査判断料含む
プロゲステロン 約1,000円 約3,600円
LH 約900円 約3,100円
FSH 約900円
アンチミュラー管ホルモン検査 8,230円
NK(ナチュラルキラー細胞)活性検査 6,170円
性感染症採血検査セット 8,410円 HIV、ヒトT細胞白血病ウィルス、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア感染症の検査
*期限は1年間
術前検査(血液検査) 6,880円 一般(血算等)、凝固(PT、APTT等)、生化学(アルブミン、クレアチニン等)の検査
*期限は4ケ月間
術前検査(心電図) 1,400円 *期限は1年間

その他検査

下記の表は左右にスクロールできます。

項目 料金
(保険診療)
料金
(自費診療)
備考
頸管粘液検査 約400円 超音波検査、検査判断料含む
ヒューナーテスト 約2,000円
精液検査 1,200円~4,200円 検査判断料含む
子宮鏡検査 約6,000円 超音波検査、注射、内服薬等含む
子宮卵管造影検査 約10,000円
通水検査 約11,000円

保険診療は算定条件により料金が変わります。

自費処置

下記の表は左右にスクロールできます。

項目 料金 備考
人工授精 15,430円
刺激周期:体外受精
採卵 302,400円 採卵・精子処理・媒精・Day2までの受精卵培養を含む。ただし、顕微授精等を行う場合は別途請求させていただきます。
Day3以降継続培養を行う場合は別途、培養代を請求させていただきます。
胚移植 21,600円
ソフトカテーテル 5,400円 カテーテルは通常どちらか一方を使用します。
ハードカテーテル 10,800円
顕微授精(1~9個) 54,000円 顕微授精は上記の「刺激周期 体外受精」料金とは別に、卵の個数により請求させていただきます。
顕微授精(10~19個) 86,400円
顕微授精(20個以上) 108,000円
自然周期:体外受精
採卵 54,000円
胚培養(Day2まで) 54,000円 Day3以降継続培養を行う場合は別途、培養代を請求させていただきます。
胚移植 54,000円 カテーテル代含む。
顕微授精 54,000円
Day3以降の継続培養(刺激周期・自然周期共通)
継続培養1日 10,800円 継続培養後、胚の状態により胚を廃棄する場合も継続培養代は請求させていただきます。
継続培養2日 21,600円
継続培養3日 32,400円
凍結保存(刺激周期・自然周期共通)
胚(または卵子)凍結(1~4個) 54,000円 凍結が複数本ある場合、状態により複数本の容器にて凍結いたします。また、凍結は左記料金で2年間有効です。3年目以降は別途「凍結保存継続管理料」を容器1本あたりの料金で請求させていただきます。
胚(または卵子)凍結(5個以上) 108,000円
胚盤胞(1個あたり) 27,000円
凍結胚融解(容器1本あたり) 54,000円 複数容器の胚を融解する場合は容器の本数分請求させていただきます。
融解胚(または胚盤胞)移植 54,000円
融解後の再凍結 凍結保存の料金と同じ
透明帯開口術(アシステッドハッチング) 21,600円
培養液凍結(子宮内膜刺激胚移植用) 5,400円
エンブリオスコープ使用代 21,600円

男性処置関連

下記の表は左右にスクロールできます。

項目 料金 備考
精巣内精子回収法(TESE) 108,000円
TESE後の精子凍結 21,600円 状態により複数本の容器にて凍結いたします。複数本での凍結は本数に関わらず料金は一律で、左記料金で2年間有効です。
ただし、「凍結精子融解代」、3年目以降の「凍結保存継続管理料」は容器あたりの料金×本数で請求させていただきます。
凍結精子融解代 21,600円 凍結精子1本分の融解(解凍)処理につき請求させていただきます。複数本の凍結精子を解凍処理した場合には、1本あたりの料金×本数で請求させていただきます。
オリゴ回収法 5,400円
経皮的精巣上体吸引法(MESA) 54,000円

凍結保存継続管理料

下記の表は左右にスクロールできます。

項目 料金 備考
胚・胚盤胞・卵子 51,430円 容器1本あたり1年間有効です。
(治療をお休みされている間も管理料は発生いたします)
精子 36,000円

お支払いについて

  • お会計は、毎回診察終了後に、自動精算機にて現金でお支払いいただきます。
  • 体外受精(又は顕微授精)の採卵や胚移植などの処置代は金額が高額のため、後日お渡しする「ご請求書」にて、銀行振り込みをお願いしております。(但し処置の当日も、一部、当院でのお会計がございます。また、体外受精の処置以外の注射や診察等の会計も毎回の窓口会計となります)
  • 銀行振込みの期限は、原則として処置が開始された日から1ヶ月です。必ず期限内にお振込みをお願いします。
    銀行振込みの振込み手数料は当院で負担致します。
  • お渡しする全ての領収書は再発行致しかねます。大切に保管してください。
  • 領収書は助成金や医療費控除の申請に必ず必要です。
  • 料金は行った治療に対して請求させていただくもので、治療後の妊娠の有無に関わらずお支払いいただきます。
  • 患者様のご都合により、治療を途中で中止した場合や、患者様のお身体の状態により医師が治療を中止すると判断した場合でも、すでに行った診察、投薬、注射、処置等の料金の返金はありません。
  • お支払の滞納がある患者様は、以降の治療をお断りしております。お支払いは、決められた期限内に必ずお願い致します。

助成金について

  • お住まいの自治体によって、不妊治療の助成金制度があります。申請には医療機関の証明書記入が必要です。
    証明書の記入をご希望の方は受付スタッフまでお申し出ください。
  • 助成金制度には、主に、市町村で実施される「一般不妊治療助成」と、都道府県で実施される「特定不妊治療費助成」があります(「特定不妊治療」とは体外受精や顕微授精などをさします)ただし、市町村によっては、県の「特定不妊治療助成」の他に追加で助成を行なう自治体があるなど、自治体によって制度が様々です。当院では全てを把握することは不可能ですので、必ずご自身で、お住まいの自治体の助成金制度の内容や申請に関する条件(収入・年齢・通算回数など)をご確認下さい。
  • ご参考として、待合室に主な自治体の助成制度についての書類をまとめたファイルをご用意してあります。可能な限り、ファイル内の書類は更新していますが、更新が遅れる場合もあります。あくまで参考資料としてご確認いただき、最新情報の確認は患者様ご自身の責任でお願いいたします。最新の情報は各自治体のホームページや担当窓口などでご確認下さい。
  • 証明書作成は有料です。ご依頼後のキャンセルは致しかねますので、必ず事前に自治体へ申請条件等をご確認ください。
  • 証明書作成には、通常2~3週間のお時間を頂いております。特に、年度末(3月)はご依頼が多く、お時間がかかります。余裕を持って、受付スタッフにお申し出ください。
  • クリニックでの証明書作成にお時間がかからない場合でも、証明書のお渡しは、各自治体が定める治療終了日以降になります。(通常は、妊娠判定日までを1治療周期としております)。
  • 証明書作成時、自治体への申請時には領収書が必要です。領収書の再発行は致しかねますので、大切に保管してください。
  • 群馬県の「特定不妊治療助成」の証明書をご希望の患者様は、領収書とは別に、銀行お振込み分の「請求書」のご提出もお願いしております。
  • 当院では、医療機関の証明書記入は行ないますが「助成金制度の内容や諸条件の確認」、「医療機関証明書以外の書類の準備」、「自治体への申請手続き」等は全て患者様ご自身の責任でお願いいたします。

助成金申請書類の流れ

PAGE TOP