スタッフブログ

  1. ホーム
  2. スタッフブログ

スタッフブログ

2020.07.06
避難訓練を実施しました

こんにちは、総務室の長谷川です。
 
6月17日(水)に星野総合商事様(消防設備点検業者)にご協力いただき、避難訓練を実施しました。
 
今回の訓練では、新型コロナ感染予防のため、新入職員を対象に訓練を行いました。
避難経路、防火扉、火災報知器作動から避難誘導までの流れを説明後、1階を火災発生場所とし、実際に感知器に煙をあて、複合火災受信機のアナウンスを確認する簡易的な訓練です。
 
アナウンスが流れたら消火器を持って火災場所を確認します。
誤報だった場合は、館内放送で誤報だった旨の放送を行い、真火災だった場合は、初期消火、火災報知機を押す係に分かれることを説明しました。
火災報知器を押すと、アナウンスが自動で切り替わるため、切り替わった後の内容も確認してもらいました。
 
また、防火扉を閉めた状態にし、全スタッフで防火扉を開けて避難経路を通ってもらいました。
 
今までの訓練では、避難誘導がメインでしたが、複合火災受信機作動後のアナウンス、防火扉と避難経路の紐づけを一つずつ改めて再確認することができました。
総合訓練(避難誘導、通報、初期消火など)と併せてアナウンスや避難経路の再確認も引き続き行っていきたいと思います。


2020.06.26
アンケートのお願い

マネジメント推進室よりお知らせです。
 
いつも、患者様にはご意見、ご要望、スタッフへの温かいお言葉お寄せいただき、ありがとうございます。
 
7月1日よりクリニックの品質向上のためのアンケートにご協力をお願いいたします。
アンケートは受付スタッフより会計時に皆様へ配布させていただきます。
個人を特定することはございませんので、率直なご意見をよろしくお願いいたします。
アンケート記入後は自動販売機コーナーに設置されております「ご意見箱」に入れてください。
 
患者様からの貴重なご意見は、スタッフ一同真摯に受け止め、より質の高い医療サービスの提供に役立たせていただきます。
また、アンケートの結果は集計が終わり次第、掲示板にてご報告をさせていただきます。
 
今後も患者様に安心して治療を受けていただけるよう、クリニックの品質向上を目指してスタッフ一同取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。


2019.11.20
自家発電装置の点検を実施しました

こんにちは、総務室の長谷川です。
 
11月7日(木)に自家発電装置の点検を実施しました。
今回は、自家発電装置のメンテナンスをした上で、自家発電装置が問題なく稼働するかを確認しました。
来月はクリニック全体を停電させた状態での点検も予定しています。
 
当院では点検や計画停電以外の突発的な停電を経験することがありませんでしたが、9月11日に初めて停電を経験しました。(9月11日 20:50~1時間半程度の高崎市内の一部が停電しました)
当日は診療終了後であったため、患者様への影響はありませんでした。
停電発生の際にはスタッフが帰宅した後だったため、翌日の外来開始前に各スタッフが状況確認を行い、問題がないことを確認しました。
しかし、当時、培養室内の装置が自家発電に切り替わったことは確認できています。
 
今回の停電の経験を活かし、院長はじめ、各スタッフ間で話し合い、診療中に停電が起こった場合でも対応できるよう努めて参りたいと考えております。


2019.10.07
第7回患者様集会(おしゃべり会)を開催しました

こんにちは、今回は受付部門が担当します。
 
今年も、「NPO法人Fine(現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会)」より2名のスタッフに来ていただき、患者様集会を開催しました。
 
最初にFineスタッフの方それぞれより不妊治療の体験談をお話していただき、その後2グループに分かれてFineスタッフ1名と患者様でおしゃべり会を行いました。
 
今回は少人数での開催となりましたが、カウンセラーの資格を持つFineスタッフの方ともゆっくりお話ができ、患者様同士でも話がはずみ、とてもなごやかな空間で、終了のお時間になってもなかなかお話が尽きない様子でした。
少人数ならではの、よい交流の時間が持てたようです。
 
次回はまた1年後、9月頃の開催を予定しております。
後日、参加していただいた患者様のアンケート結果もホームページでご覧いただけますので、もし興味がございましたら、ぜひ次回ご参加ください。
 


2019.07.01
避難訓練を実施しました

セキールレディースクリニック事務局です。
 
6月19日(水)に高崎東消防署様、星野総合商事様(消防設備点検業者)にご協力いただき避難訓練を実施しました。
 
今回も2階を火災発生場所とし、実際に感知器に煙をあて、火災報知器を作動させた状態で、避難誘導するスタッフと患者役に分けて行いました。
 
前回の避難訓練では、消防署の方から初期消火は逃げ道を確保しながら14秒程度行い、消えない場合は諦めて避難するように指導がありました。
実際に消火器を使って初期消火を行っているスタッフから「まだですか?」と聞かれましたが、火災発生のアナウンスが流れる中での14秒間は計測していて、とても長く感じました。

 
初期消火を行った場合に逃げ遅れてしまう危険性があるため、14秒間初期消火を行わないといけないのか確認したところ、できれば初期消火で消せる火は消した方が良いが、難しい場合は消火器を噴射後、現場に残したままドアを閉めるのでもよいとのアドバイスをいただきました。
※とくに、火が天井まで達している、または達した時点で初期消火は諦めて避難することが大切だそうです
 
訓練を行う度に疑問や反省点がありますが、今後の非常時における対策に活かせていけたらと考えております。


1 / 512345
PAGE TOP