スタッフブログ

  1. ホーム
  2. スタッフブログ

スタッフブログ

2019.07.01
避難訓練を実施しました

セキールレディースクリニック事務局です。
 
6月19日(水)に高崎東消防署様、星野総合商事様(消防設備点検業者)にご協力いただき避難訓練を実施しました。
 
今回も2階を火災発生場所とし、実際に感知器に煙をあて、火災報知器を作動させた状態で、避難誘導するスタッフと患者役に分けて行いました。
 
前回の避難訓練では、消防署の方から初期消火は逃げ道を確保しながら14秒程度行い、消えない場合は諦めて避難するように指導がありました。
実際に消火器を使って初期消火を行っているスタッフから「まだですか?」と聞かれましたが、火災発生のアナウンスが流れる中での14秒間は計測していて、とても長く感じました。

 
初期消火を行った場合に逃げ遅れてしまう危険性があるため、14秒間初期消火を行わないといけないのか確認したところ、できれば初期消火で消せる火は消した方が良いが、難しい場合は消火器を噴射後、現場に残したままドアを閉めるのでもよいとのアドバイスをいただきました。
※とくに、火が天井まで達している、または達した時点で初期消火は諦めて避難することが大切だそうです
 
訓練を行う度に疑問や反省点がありますが、今後の非常時における対策に活かせていけたらと考えております。


2019.05.27
消防設備点検を実施しました

こんにちは、総務室の長谷川です。
 
5月15日(水)に消防設備点検を実施しました。
消防設備点検は半年に1回行っており、点検では館内放送設備・火災報知器・防火扉の動作確認、消火器の使用期限や破損がないかの確認を行いました。
 
点検作業中は院内に火災発生のアナウンスが流れ、患者様にご迷惑をお掛けいたしましたが、設備に不具合がないことの確認が取れましたのでご報告させていただきます。
 
また、当院入り口のメタセコイア前のバラが今年も咲きました。
いつもは剪定を業者の方にお願いしているのですが、今回は間に合わず、スタッフで剪定を行ったため、少しバランスが悪くなってしまいましたが、来院の際にご覧いただけたらと思います。
※ラベンダーもきれいに咲いています
 

 


2019.04.19
「臨床心理士によるメンタルヘルス講座」を開催しました

こんにちは、受付部門の森岡です。
 
満開の桜も散り、春から初夏に変わりつつある季節となりました。
寒暖の差が大きく、体調を崩しやすい時期ですが、皆様はいかがでしょうか。
 
当院では、4月15日に「臨床心理士によるメンタルヘルス講座」を開催いたしました。
お忙しい中、たくさんの患者様にご参加いただきまして、ありがとうございました。
 
講座に関しては、概ね満足のお声をいただきました。
また、「今後もこのような講座を開催して欲しい」とのご要望がありましたので、定期的に開催できればと考えております。
 
9月には”NPO法人Fine”様にご協力をいただき、患者様集会を開催いたします。
今回のアンケート結果は、患者様集会にも反映させていただきます。
日程が決まり次第、HP、掲示板にお知らせを出しますので、よろしくお願いいたします。


2019.04.11
勉強会(卵巣刺激法について)に参加しました

こんにちは、SEの今寺です。
 
3月6日に院内で行われた勉強会に参加しました。
テーマは「卵巣刺激法について」です。
講師は、当院の伊吹医師が担当しました。
 

 
勉強会は、看護部が主導して定期的に開催されています。
講師を担当するのは、医師、各部門のスタッフ、外部の方と様々ですが、得た知識は患者様のために還元できたらと考えております。
 
卵巣刺激法については、刺激法の種類(利点、考慮する点など)、使用する製剤の比較、ホルモンの作用などをわかりやすく説明していただきました。
今回の勉強会に向けて、伊吹医師からの依頼でスライド資料を作成しましたが、説明を受けることでより理解を深めることができました。
 
私はホームページの更新、患者様向けの資料などを作成する仕事もしています。
引き続き、間接的にではありますが患者様のお役に立てればと考えております。
ホームページに対してなど要望や気になる点があれば、ご意見を頂戴できたらと思いますので、よろしくお願いいたします。


2019.04.08
検診のお願い

今回は看護部より、検診のお願いです。
 
●乳癌について
乳癌は40歳を超えてくると発症率が上がってきます。
40歳を迎えたら、毎年検診を受けることをお勧めします。
また、若年性乳癌もあります。家族・親戚に乳癌を発症した方はいませんか?
心当たりのある方は、早めの検診をお勧めします。
20歳を迎えたら、自己検診を始めましょう。
 
●子宮頸がんについて
現在20~30代の女性に急増しています。
毎年の検診をお勧めします。またHPV検査を3年に一度受けることをお勧めします。
自覚症状はほとんどありません。進行すると不正出血などの症状が出てきます。
当院での検査が可能です。
 
●子宮体癌について
閉経を迎える40歳代後半から増え始め、50~60歳代で急増します。
また、最近では40歳未満で発症する若年子宮体癌も増えてきています。
40歳を迎えられた方、不正出血がある場合には検査をお勧めします。
当院での検査が可能です。
 
●健康診断について
定期健診や人間ドッグなどは健康管理のために積極的に受けましょう。
X線撮影(レントゲン撮影)は腹部に遮閉すれば、不妊治療中でも撮影可能です。
不安な方は医師やスタッフに相談してください。


1 / 41234
PAGE TOP